• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント
伏見の名所 寺田屋(京都市伏見区)

第96回 カーボンニュートラルの大義名分を活かす~わが国にとってエネルギー自給率を高めるまたとないチャンス

津曲 公二 カーボンニュートラルとは これはご存じのように時代のキーワードになっています。温室効果ガス(二酸化炭素:CO2)を削減するために、排出量と吸収量をバランスさせようという取り組みです。吸収のほうについてはわが国 …

続きを読む


カイゼン講演の風景 アルハンゲリスク(アルハンゲリスク州 ロシア) ロシアの人たちは講演に熱心で親日的 終了後に醸造所を訪問 帝政ロシア時代の皇帝ニコライ二世訪問の写真が掲示してあった

第95回 前世紀の妄想 別人になった時代錯誤のプーチン~成功の落とし穴 8年前のクリミア併合の再来は無い

津曲 公二 カイゼン講演の風景アルハンゲリスク(アルハンゲリスク州 ロシア)ロシアの人たちは講演に熱心で親日的 終了後に醸造所を訪問帝政ロシア時代の皇帝ニコライ二世訪問の写真が掲示してあった 20世紀に逆戻りしたプーチン …

続きを読む


バルセロナ港(バルセロナ カタルーニャ州 スペイン)地中海に面するヨーロッパにおける主要な商業港のひとつ 旅客フェリー、クルーズ船、豪華客船などが運航している

第94回 ロジスティクス(物流)を軽視し続ける日本~すぐそこにある改めるための第一歩

津曲 公二 友人とのオンライン懇談 共通する話題をもつ友人との懇談は、古来、楽しからずやと言われています。人生で喜ばしくて得がたいことのひとつに違いありません。二人の住まいの中間にあるホテル喫茶室を使っていました。コロナ …

続きを読む


フランサ駅(バルセロナ カタルーニャ州 スペイン)

第93回 電気自動車(EV)は歴史の必然~囚われを捨てればまもなく訪れる現実が見えてくる

津曲 公二 倍増した世界のEV販売台数 昨年(2021年)のEV販売台数は650万台(前年比108%増)となりました。国別での首位は中国が294万台で全体の45%を占めています。  (出典 36Kr Japan編集部 2 …

続きを読む


ドイツ博物館にて(ミュンヘン バイエルン州 ドイツ連邦共和国)

第92回 部下の訴えを正当に活かす組織~映画「頭上の敵機」にみるこれからの企業経営ひとつの視点

津曲 公二 映画「頭上の敵機」について  本エッセー第56回で「トップリーダーの理想像とは」で取り上げました。映画の背景は1942年、英国に駐留していた米国空軍の爆撃部隊です。ここに米国式マネジメントのひとつの典型が描か …

続きを読む


猫の村パトネス・デ・アリーバ(マドリッド州スペイン)

第91回 可愛いだけではないネコちゃんの実力~厳寒の脱出 自宅到着まで20時間のリアル

津曲 公二 SNSチャットの話題 あなたは犬派、それとも猫派との質問があります。郷里の自宅では小学生のころまででポインターを飼っていました。猟犬ですから番犬にはなりませんでしたが、地方の田舎町は庭が広かったので放し飼いで …

続きを読む


四柱神社 松本市大手3 丁目 

第90回 スペインの明国侵略計画を牽制した朝鮮出兵~新しい史観が的確に裏付ける秀吉の名誉回復 

津曲 公二 司馬遼太郎作品の愛読者 会社勤務をするようになって、司馬遼太郎(1923~1996年)の作品を初めて読んだのは「燃えよ 剣」でした。休日には、家族揃って新撰組の史跡を巡りました。主なところでは東京の日野市や町 …

続きを読む


初秋の放牧地(アティエンサ カスチージャ・ラ・マンチャ州 スペイン)

第89回 なぜ反対されるのか 東京都の太陽光発電義務化~わが国のトップダウン式リーダーシップの難しさ 

津曲 公二 新築住宅への設置義務化 都内で新築する住宅に太陽光発電設備の設置を義務づけることを検討する意向を、小池都知事が明らかにしたのは昨年9月のことでした。政府は2030年に新築戸建て住宅の6割に太陽光発電設備を設置 …

続きを読む


伏見寺田屋の裏 宇治川につながる運河

第88回 それぞれに異なる先の戦争とは~すべてが恩讐の彼方につながるのはいつ 

津曲 公二 京都 幕末の史跡名所巡り 幕末の京都で新撰組、大政奉還や戊辰戦争などに関係する史跡名所をまとめて巡るパックツアー(一泊二日)がありました。司馬遼太郎の「龍馬がゆく」や「燃えよ剣」などを読んでいた筆者たちとして …

続きを読む


ホンダジェット(HondaJet 公式情報ページから転載)

第87回 経験主義を越える~失われた30年に終止符をうつために 

津曲 公二 失われた30年 バブル崩壊後の1990年初めごろからずっと経済の低迷が続いています。当初は「失われた20年」と言われてきました。しかし、20年ではなく30年になってしまいました。コロナ禍前には、わが国への外国 …

続きを読む