• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント
ミニ出島 オランダ商館の模型(長崎市出島町6-1)

第132回 きわめて論理的で科学的だった日本人~カトリック宣教師たちが直面した反論

津曲 公二 日本史と世界史を分けた学校教育が変わる 筆者が中学と高校で受けた歴史の授業は日本史と世界史の二科目に別れていました。それぞれの教師も別人で、それが当たり前の常識でした。最近の教育では、そういう区別を無くした「 …

続きを読む


アティエンサ村の教会(グアダラハラ県 カスティージャ・ラ・マンチャ州 スペイン)

第131回 わが国のシステム開発は途上国レベルか~60年以上前のクルマでエンジンがかからないときやっていたこと

津曲 公二 エンジンの押しがけ これをご存じの方は現在では少ないと思います。60~70年以上前のクルマは、エンジンやバッテリーの性能の問題で、冬場のエンジン始動はけっこう難しいことでした。まずはバッテリーの性能がよくない …

続きを読む


古都トレド(トレド カスティージャ・ラ・マンチャ州 スペイン)

第130回 金銭感覚や時間感覚を身につける~それぞれに異なる習慣化の時期

津曲 公二 一攫千金の末路 宝くじ高額当選者のその後のことは「末路」として話題になります。ごく普通の生活者が年収の10倍、100倍の収入があったら誰でも全く経験したことが無い事態です。人生がガラリと狂うことは容易に想像で …

続きを読む


南九州の地図 志布志市ホームページから

第129回 懐かしく思い出す故郷でのイベント~天性のスキルか 兄のプロジェクトマネジメントに脱帽

津曲 公二 湧水 故郷の想い出 松本市のことを本連載エッセー「第124回信州に見つけた私の田園都市」で取り上げました。ここで、筆者の出身地のことも紹介しました。鹿児島の大隅半島、宮崎県と隣接する志布志(しぶし)市でした( …

続きを読む


上高地のつり橋(長野県松本市)

第128回 西郷の罪は不学に在り~企業不祥事に感じる福澤諭吉の箴言

津曲 公二 英雄としての西郷隆盛 本ホームページのエッセーの筆者である津曲は生まれてから高校卒業まで鹿児島で育ちました。西郷隆盛は鹿児島では今も英雄として扱われています。例えば、掛け軸その他に南州翁(西郷のことです)の言 …

続きを読む


四柱神社(長野県松本市大手)

第127回 お手本となる素晴らしい中小企業が日本を変える~規模が小さいからだけの中小企業統廃合は暴論

津曲 公二 日本経済の最大の問題は中小企業という見解 高名な在日のイギリス人経営者であるデービッド・アトキンソン氏は、持論として日本経済の最大の問題は中小企業にあるとの見解を様ざまに発信されています。中小企業とは、製造業 …

続きを読む


モンセラート修道院の教会堂に集まる信者たち モンセラート(バルセロナ カタルーニャ州 スペイン)

第126回 新興宗教に限らない 怪しい訪問者たちは危険がいっぱい~危険予知の意識がまるで無い人たちへ 我われができる貢献

津曲 公二 さまざまな訪問者 筆者はずいぶんいぜんにクルマのセールスマンをやったことがあります。当時は戸別訪問が営業には欠かせないやり方でした。団地に行けば住居はたくさんありますが、留守も多かったように記憶しています。む …

続きを読む


知恩院(京都市東山区)

第125回 宗教freeのわが国に必要なワクチンとは~免疫が無いからコロリと感染する日本人

津曲 公二 新興宗教とは 安倍元首相が暗殺されたことで新興宗教の政治との癒着や信者とその家族の悲惨な実態が明るみに出るようになりました。ここで新興宗教と言うとネガティブに感じる方があるかもしれません。そもそも新興とは「既 …

続きを読む


国宝 松本城(長野県 松本市)

第124回 信州に見つけた私の田園都市~街中のあちこちにある泉とお城のある松本市

津曲 公二 田園都市とは 田園都市とは豊かな自然に恵まれた都市を指しています。わが国では阪急電鉄の創業者である小林一三が沿線でおこなった都市開発がその一例と思われます。宝塚歌劇団の創設もセットになっていますから、世界的に …

続きを読む


休日にボート漕ぎを楽しむ人たち 高千穂峡(宮崎県 高千穂町)

第123回 アメーバ経営とおみこし経営~世界的な企業の創業者たちが生み出した経営哲学

津曲 公二 世界的なわが国企業の創業者たちが生み出した経営哲学 本稿では京セラ創業者である稲盛和夫氏、ソニー創業者のひとりである盛田昭夫氏、このお二人についてそれぞれの経営哲学を述べることにします。 アメーバ経営 実践哲 …

続きを読む