• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント

アマデウスに観る経営の理念と創造

久しぶりに、映画「アマデウス」をBlu-rayで観た。モーツアルトが作曲した「フィガロの結婚」をオーストリア皇帝に階級社会を生むと咎められるシーンがある。皇帝の取巻き連中である宮廷音楽監督たちも、建て前が先行して「国立演 …

続きを読む


リーダーシップのとれる人材 1-2-7の法則(721の法則)

「721の法則」というのがある。1割は基本的な学習、2割は先輩の薫陶、7割は自分の経験。すぐれたリーダーにどのようにして自分はそうなれたかをアンケートした結果という。米国企業においてはこの法則は常識らしい。日本人の感覚で …

続きを読む


ブラジルの成長は持続可能か!

BRICsの一つブラジルに3月半ばから4週間滞在した。日本からは実に遠い。飛行機を乗り継ぎほぼ24時間、旅程は1日半。日本から離れるほどに情報量も少なく、他の国(中国、ロシア、インド)に比べて関心も薄い。現地で会った人た …

続きを読む


東京マラソン完走:「1-2-7の法則」を実行して目標達成

月27日(日)晴れ、東京マラソン2011。マラソン初出場のど素人40歳。彼は10㎞がいいところ、と言い続けていたが5時間台で完走した。高校はバスケット選手。大学・社会人とスポーツらしきものとは離れていた。本番まで4か月間 …

続きを読む


『坂の上の雲』に学ぶ勝てるマネジメント~出版プロジェクトは完了

PM(プロジェクトマネジメント)の技法を用いて著作から出版まで完了した。明治期の国家プロジェクトだった日露戦争を描いた『坂の上の雲』をまくらにして、PMを紹介した本である。PMのエッセンスをわかりやすく、楽しく読める工夫 …

続きを読む


自分の経験にみる作業と仕事

30年商品開発に携わってきた。最も長い期間は、企業のドル箱であったビジネスの商品開発を担当した10年間、大いにやり甲斐を感じていた。マネジメントの立場として、プロジェクトの運営もそれなりにうまく進んでいた。数世代の商品化 …

続きを読む


吹奏楽部OB/OGの挑戦

地元高校の吹奏楽部OB/OG定期演奏会に行った。今では学区再編成で廃校になったが、OB/OGによる定期演奏会はいつも満員である。高校生の吹奏楽コンクールも全国大会が毎年開催され、地方予選から勝ち抜くドラマは、TVや映画に …

続きを読む


大河ドラマ「龍馬伝」(第1回)

昨年末のTBSドラマ「仁」とNHKの大河ドラマ「龍馬伝」と坂本龍馬の人気が高まっている。今回は、岩崎彌太郎の存在が大きく取り上げられていてなかなか面白い。三菱四代には、岩崎彌太郎の弟・岩崎彌之助の存在が現在の三菱の発展の …

続きを読む


大河ドラマ「龍馬伝」(第2回)

三代目の岩崎久彌(彌太郎の子)は寡黙で大人しい性格。慶應義塾の福沢諭吉に学びペンシルベニア大学に留学。大変な聞き上手で機械工業に造詣が深く、三菱重工をはじめ造船と鉱業に集中。これは三井や住友や安田などにはまだ見られない。 …

続きを読む


大河ドラマ「龍馬伝」(第3回)

四代目の岩崎小彌太は、理想的社会主義者。政治家となって日本を改革したいと考えていた。東京帝大からケンブリッジ大へ。学位はバチュラー・オブ・アーツ。帰国後は副社長に仕方なく就任。三菱の経営理念を「国家社会に対する奉仕-国利 …

続きを読む