• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント
乗客が徒歩で線路を横断するオリョール駅 オリョール州 ロシア連邦

第52回 プロとして作業現場の基本情報をつねに学ぶ~悲惨な労働災害を無くすために

津曲 公二 地下駐車場工事中の悲惨な事故 4月、東京にあるマンション地下駐車場の天井張り替え工事中に消火設備から放出された二酸化炭素が充満し、作業員6人のうち4人の方々が死亡するという悲惨な事故が起りました。この消火設備 …

続きを読む


窓ガラスを割るためのハンマー スペイン新幹線 筆者撮影

第51回 非常口が確かについている欧州の新幹線~ただつけただけという感じはするが・・

津曲 公二 日本の新幹線には非常口が無い 欧州の新幹線について本エッセーで次のようにとり上げました(2020.7.27 第14回)。 バスや電車は密室ですから、必ず通常の出入り口の他に非常口があります。そして、非常口は乗 …

続きを読む


ダラス駅ホームのイメージ図 Texas Central Railroadのサイトから

第50回 テキサスを納得させたJR新幹線の信頼と自信~高速鉄道の世界標準への道を拓く

津曲 公二 テキサス新幹線、日本のJR規格で決着 東洋経済オンラインは『テキサス新幹線「日本基準丸飲み」決着の全内幕』として伝えています(2021.4.12)。テキサス新幹線は、JR東海が技術支援する新幹線プロジェクトで …

続きを読む


都城島津邸の風景 都城市 宮崎県

第49回 西南戦争奇譚 父から聞いた不思議な話~旧勢力の抵抗が終息するとき

津曲 公二 西南戦争に従軍した曽祖父 征韓論に敗れて下野した西郷隆盛は、出身地の薩摩で私学校を設立し若者の教育に専念していました。明治10年(1877年)、西郷は不平士族に担がれ士族による最後の内乱に従うことになりました …

続きを読む


都城島津邸にて 都城市 宮崎県

第48回 世界の潮流は電気自動車へ~とるべき道を誤らないよう冷静な判断を

津曲 公二 日本は仕上げの段階では勝つが・・ 評論家で作家の日下公人さんの著書で読みました。「日本は仕上げの段階では勝つが、もうそのときは世界の土俵は別のところに変っている」、例えば1990年代ごろまで日本の製造業(とく …

続きを読む


沖縄の真っ青な海

第47回 これからの時代に生き残るには

津曲 公二 クルマの押しがけとは 現在のクルマでは想像できませんが、70年代でも古いクルマだとエンジンを始動させるのに骨が折れました。エンジンそのものやエンジンを始動させるスターターやバッテリーの性能がよくなかったためで …

続きを読む


カイゼンでピンチをチャンスに(日本カイゼンプロジェクト会報2021.3 no.4)

第46回 わが国のカイゼンDNAを活かす

津曲 公二 カイゼンでピンチをチャンスに 一般社団法人日本カイゼンプロジェクトは、主宰者である柿内幸夫会長がわが国の中小企業を元気にする目的で設立されました。会員の皆さま向けにWEBサイトとメルマガ配信があります。この他 …

続きを読む


標高2034m ホテル前の樹木(美ヶ原王ヶ頭 松本市 長野県)

第45回 ぎを言うな!~既定の枠組みから抜け出す論議を許さない

津曲 公二 ぎを言うな これは筆者の出身地である鹿児島の方言です。「ぎ」とは論議や討議の議を指しています。「論議はもう止めろ」や「リクツはもうたくさんだ」といったときに使われていました。とくに先輩からこういう発言があった …

続きを読む


松本城(松本市 長野県)

第44回 何もしないコンサルタント

津曲 公二 教えないコンサルタント このようなキャッチのメールが舞い込みました。4年前のことです。コンサルタント養成塾講座の案内でした。筆者はコンサルタントを職業としていますが「教えない」に魅かれて受講することにしました …

続きを読む


充電中の日産リーフ(レンタカー マドリッド スペイン)

第43回 テスラとアップル おつき合いしたいのはどちら?

津曲 公二 日産とアップルの交渉打ち切り 米国アップル社は自動運転技術を搭載した電気自動車(EV)計画を進めています。同社は日産自動車にEV車の生産委託の提携を打診していましたが、交渉は不調に終わったそうです。 アップル …

続きを読む