• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント
モンセラート修道院の教会堂に集まる信者たち モンセラート(バルセロナ カタルーニャ州 スペイン)

第126回 新興宗教に限らない 怪しい訪問者たちは危険がいっぱい~危険予知の意識がまるで無い人たちへ 我われができる貢献

津曲 公二 さまざまな訪問者 筆者はずいぶんいぜんにクルマのセールスマンをやったことがあります。当時は戸別訪問が営業には欠かせないやり方でした。団地に行けば住居はたくさんありますが、留守も多かったように記憶しています。む …

続きを読む


知恩院(京都市東山区)

第125回 宗教freeのわが国に必要なワクチンとは~免疫が無いからコロリと感染する日本人

津曲 公二 新興宗教とは 安倍元首相が暗殺されたことで新興宗教の政治との癒着や信者とその家族の悲惨な実態が明るみに出るようになりました。ここで新興宗教と言うとネガティブに感じる方があるかもしれません。そもそも新興とは「既 …

続きを読む


国宝 松本城(長野県 松本市)

第124回 信州に見つけた私の田園都市~街中のあちこちにある泉とお城のある松本市

津曲 公二 田園都市とは 田園都市とは豊かな自然に恵まれた都市を指しています。わが国では阪急電鉄の創業者である小林一三が沿線でおこなった都市開発がその一例と思われます。宝塚歌劇団の創設もセットになっていますから、世界的に …

続きを読む


休日にボート漕ぎを楽しむ人たち 高千穂峡(宮崎県 高千穂町)

第123回 アメーバ経営とおみこし経営~世界的な企業の創業者たちが生み出した経営哲学

津曲 公二 世界的なわが国企業の創業者たちが生み出した経営哲学 本稿では京セラ創業者である稲盛和夫氏、ソニー創業者のひとりである盛田昭夫氏、このお二人についてそれぞれの経営哲学を述べることにします。 アメーバ経営 実践哲 …

続きを読む


ゴムボートでのボート漕ぎ体験 大王わさび農場(長野県安曇野市穂高3640)

第122回 わが国はおみこし経営式の社会~欧米のボート経営式社会とは全く異なる

津曲 公二 世界的企業創業者のきわめて優れた経営哲学 わが国の経済学者の誰ひとりとして見出せなかった経営哲学を、世界的企業の創業者が月刊誌に発表したのは1969年のことでした。自らの日米両国における経営者としての体験から …

続きを読む


黒いビニールシートのかかったわさび農園 大王わさび農場(長野県安曇野市穂高3640)

第121回 ゆたかな清流のわさび農園~大王が治めた旧跡は今や人気の観光スポットに

津曲 公二 あちこちに水源のある松本市 10年以上も前に初めて出張した松本市は駅そばのホテルに往復しただけでした。妻の知人がずいぶん以前に絶対行くべきとの推薦もあり2年前に上高地に出かけました。有名な観光地では評判どおり …

続きを読む


第16代目となるトヨタの旗艦車クラウン 世界初公開(2022.7.15)の新型車クロスオーバー

第120回 凡ミスで発売延期に追い込まれた新型クラウン~明らかに変調をきたしているトヨタグループ

津曲 公二 満を持して発表された新型車だったが トヨタのキャッチコピーで今も思い出すもののひとつに「いつかはクラウン」があります。初めて購入するのは大衆車からで、家族構成や年齢とともに少しずつ大きなクルマに乗り換える。そ …

続きを読む


九州電力 川内原子力発電所  鹿児島県川内(せんだい)市

第119回 ようやく原発再稼動が見えてきたわが国~エネルギー危機に対して感情的に反応する世論

津曲 公二 窮地に陥ったドイツの脱原発計画 ドイツは2011年の福島原発事故をうけてEUで初めて原発ゼロ政策を打ち出しました。当時のメルケル首相はその「英断」をとくにわが国のマスコミから絶賛されました。ドイツが保有する原 …

続きを読む


扇状地にびっしり建つ住宅 広島駅前のホテルから 筆者撮影(広島市)

第118回 見るからに危険な住宅を購入する消費者~水害被害原因のひとつは民度の低さ

津曲 公二 南欧に多い山林火災 海外ニュースを見ると、南欧(スペイン、ポルトガル、フランスなど)では暑くなると、熱波により山林火災が多発するようです。被害は山林だけでなく隣接する住宅にも発生します。同様な山林火災は米国で …

続きを読む


五十鈴川(伊勢神宮 三重県伊勢市)

第117回 日本人の価値観は多様性にあり(2)~今も続く 国の根幹への攻撃から国を守る戦い

津曲 公二 多様性という価値観をもつのは日本だけ 前回に続いてわが国の多様性についての話題です。クリスマス、大晦日の除夜の鐘、新年の初詣でなど、年末年始のイベントとして続きます。これらは国民的行事として定着していますが、 …

続きを読む