• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント

津曲 公二

オレンブルク 晩秋の街並み オレンブルク州の州都 ロシア連邦共和国
オレンブルク 晩秋の街並み
オレンブルク州の州都 ロシア連邦共和国

ロシアで日本の優れたマネジメントを伝える

これについては、本エッセーでもこれまで2回ほどとり上げています。筆者は2015年から毎年、ロシアの各都市でロシア日本センター主催の講演に出張しています。当センターは外務省が支援する現地NPOで、日本文化の広報活動をおこなっています。筆者は同僚とふたりで、日本の優れたマネジメントを伝える講演活動の講師を務めました。
出張は1回当り10日から2週間ほどで、4つの都市を訪問します。これまで5回の出張でモスクワ、サンクトペテルブルクなど延べ20都市を訪問し受講者は約1500名になりました。わが国のカイゼン活動など優れたマネジメントの状況を伝えています。

地方都市での参加者は

講演に参加する方々は中小企業の経営者や大企業の管理職の方々です。日本の優れたマネジメントの講演ですから、対象者としては全く順当な感じです。しかし、中には個人経営の商店主、例えば街のお菓子屋さんなども参加されます。とくに地方都市になると、そういう方々の割合が増えます。そして、どの都市に出かけてもとにかく質問が多いのです。講演趣旨とはかなりかけ離れた質問もどんどん出てきます。例えば日本の年金制度です。引退したら、どのくらいの年金がもらえるのかなど具体的な質問が(カイゼン講演とはかなり異なりますが)、出てくるのです。質問が多いことは、わが国とは際立って異なる大きな特長です。どのような質問であれ、多数の質問があることは講師としてはやりがいを感じます。次に驚くことは講師に対するプレゼントです。

プレゼントが大好きなロシアの人たち

講演は二日間やりますが、休憩時間や講演終了時に受講者が演壇に来てプレゼントされるのです。お菓子屋さんだと「我が店自慢のパウンドケーキ」です(ずっしりと重量感があります)。ご自分の著書を持参される方もあります(ロシア語ではなく英語版でした)。受講生の母上が祈祷師とのことで幸福を招き寄せる手づくりのわら人形をもらったこともありました。一見すると、わが国だと丑三つ時にクギで打ち付ける呪いのわら人形のようでもありました。熱心に説明されるので(通訳を介して聞いています)、軽くてかさばらないこともあり自宅に持ち帰りました。それ以来、5年くらい経ちました。ずっと健康で仕事を続けていますから、確かにわが家に幸福を招きよせているようです。

企業訪問をすると定番のプレゼントが・・

ロシアではまだ少数派のようですが、熱心にカイゼン活動に取り組んでいる企業もあります。役員や管理職の方々が多数そろって講演に参加され、講演終了後にその企業を訪問してカイゼン現場を見学します。その後、懇親会があります。その場でのよくある定番プレゼントは「社史」でした。社史はロシア語でフルカラーの美しい装丁、トップページにプーチン大統領と企業トップの写真が掲載される。たいていの場合、社史はずしりと重い!
筆者のお土産三原則、「軽い、かさばらない、こわれない」にかなり反します。とはいえ、世話役である日本センターの日本人スタッフの趣味にも合致しませんから、日本まで持ち帰ることに・・。

日本観光はあこがれの的

ロシア日本センターは、ロシアのビジネスパースン向けに来日の研修ツアーを定期的に実施しています(コロナ禍で現在は中断)。製造業、飲食サービス業、介護サービス業等などの分野別の研修ツアーがあります。ロシアと日本往復の旅費はロシア側の負担、日本国内での経費は日本側の負担ですから、ロシア人研修生は自己負担無しで日本への研修旅行ができるわけです。1週間ほどの研修の最終日は秋葉原での自由時間も組み込まれているそうです。
カイゼン講演の受講生は、この研修ツアーで日本に行ったことがある方もあれば、まだ行ったことがなくぜひ行きたいという方も多いようでした。ロシアでのカイゼン講演の受講生は、この研修ツアー参加の有無に関係なくそろって親日的です。

それぞれの好感度のギャップは大きい

モスクワで日本の大手広告代理店のモスクワ支店を訪問しました。日本人所長から、国際的な国別好感度調査結果を聞きました。ロシア人の対日好感度はかなり高い反面、日本人の対露好感度はかなり低い。「ロシア人の片思い的現象」とのことでした。日本人の対露好感度が低いことはよく理解できます。一方、日本人はロシアの人たちが親日的であることはほとんど知らないのではないかと思いました。

大国ロシアの不都合な真実

先の戦争でソ連は日ソ不可侵条約を一方的に破棄して参戦しました(1945年8月)。かつポツダム宣言で約束したこと、日本軍将兵の安全な本国への帰還を無視しシベリアなどに抑留し過酷な労働を強制しました。オレンブルクでの講演で事務局を務めた大学教授は、強制労働によりこの地で亡くなった日本人の慰霊碑があることを教えてくれました。彼女によると、地元のボランティアが慰霊碑の清掃をおこなっているとのことでした。残念なことにここを訪問することはできませんでした。厚労省の事業で、日本人が抑留されたロシアの各地にこのような慰霊碑の建立が進められたことは後で知りました。

戦後70年以上が過ぎました。日本においてさえ悲惨な戦争体験の歴史は風化しつつあります。ほとんどのロシアの人たちはこのような歴史の真実を知ることは無いのだろうと思いました。