• クリティカルチェーン TOCによるプロジェクト・マネジメント

津曲 公二

モスクワ大学の広大な敷地内にある日本センターのビル(モスクワ ロシア)
モスクワ大学の広大な敷地内にある
日本センターのビル(モスクワ ロシア)

ロシアで日本の優れたマネジメントを伝える

2015年から毎年、ロシアの各都市でロシア日本センター主催の講演に出張しています。当センターは外務省が支援する現地NPOで、日本文化の広報活動をおこなっています。筆者は同僚とふたりで、日本の優れたマネジメントを伝える講演活動の講師を務めました。
これまで5回の出張でモスクワ、サンクトペテルブルクなど延べ20都市を訪問、受講者は約1500名になりました。わが国製造現場のカイゼン活動など優れたマネジメントの実態を伝えています。

ロシアの受講者はとても熱心で質問が多い

どの都市でも受講者は熱心で、質問が多いのが最も印象に残っています。地方都市ではこのような講演は少ないようで、講演の主題であるマネジメントと離れて、日本の現状について、例えば年金制度についてなどの質問もありました。講師の我々としても、日本文化の広報活動の一つとして丁寧に応えるようにしています。それがまた別の質問のきっかけになったりします。我われが応えられない質問もあります。例えば「プーチン大統領はどうしてロシア製のクルマを使わないのか」については「我われにはわからないから誰かお願いします」と受講者に回答してもらいました。これには、すぐに手が上がり「お前(質問者のこと)は何もわかっていない・・」と回答が続きました。こういう脱線質問は、ロシア人通訳によると「適当に止めるようにしないと延々と続く」とのことでした。なるほど、「質問はここまで、次をやります」と講師が言えば、すぐに質問はなくなるので相応のルールはあるようでした。堅苦しくなく、どのような質問にも丁寧に回答する我われの講演スタイルは、どの都市でも受け入れられたようです。

企業訪問が興味深い

ロシアの企業では、日本発祥の「カイゼン活動」に取り組んでいる企業があります。日本からのコンサルタント出張の他、ロシア人コンサルタントも活動しています。そこで、こういうカイゼン活動を実施している企業訪問もやりました。職場の見学が終わると、工場幹部の方々との懇談の場が設定されることもありました。時間的にはほぼ夕食のころになりました。
ある工場での夕食時間での懇談の場は幹部用レストランで準備されていました。工場長はあいにく出張中で1時間ほど遅れて参加するとのことで、彼を除く10名ほどで懇談は始まりました。ロシアで夕食時の酒類といえば、まずウオッカは必ずついています。ビール、ワインはもちろんのこと、ウイスキー、ブランデーなどもありました。

人生は短い

1時間ほど遅れて工場長がテーブルに着きました。いきなり、近くの部下にむかって言うのです。「君たちは何をしているのか!」別に怒っている気配はありません。通訳も意図を理解しかねているようでした。「水割りを飲んでいる人がいる!」「人生は短い」ので「酒類はすべてストレートで飲むべし」ということで、全員大笑いしてウオッカでの乾杯になりました。

ウオッカはストレートで飲むのが原則なので「問題はない」のですが、ウイスキーを水割りにすると、ボトル1本が飲む量としてはもっと増えることになります。その分だけ、飲みきるのに時間がかかります。短い人生に水割りでは間尺に合わないだろう、という意味のようでした。確かにロシア男性の「人生は短い」のかもしれません。WHOの2018年発表によると、ロシアの人たちの平均寿命は世界ランク103位、平均寿命は男性66.4才(女性77.2才)となっています。工場長としては、心からの真っ当な述懐だったのかもしれません。